脳内神経物質のセロトニンが欠乏している

脳内神経物質のセロトニンが欠乏している - うつ病とは?を理解しよう

脳内神経物質のセロトニンが欠乏している

うつ病を引き起こす原因の一つとして考えられているものに、「セロトニン不足」があります。セロトニンとは、脳内神経物質の一つで、神経細胞のシナプスの情報伝達に必要な物質です。セロトニンが不足すると、脳内の情報伝達がスムーズに行われなくなり、思考力の低下などが引き起こされ、うつ病を発症するのではないかとされています。また、セロトニンは神経管の情報伝達にかかわる物質ですから、セロトニン不足はうつ病だけでなく、強迫神経症などの各種精神障害、自律神経失調症などの体に関わる病気などにも関連するとされています。

モノアミン仮説について

セロトニン不足がうつ病を引き起こすという説は、モノアミン仮説というものに含まれます。モノアミンとは、セロトニンおよびノルアドレナリン、ドーパミンのことです。モノアミン仮説は、これらの脳内神経物質の減少が、うつ病などを引き起こすという仮説になります。この仮説が立つに至った経緯に、レセルピアンという薬があります。レセルピアンは高血圧の薬なのですが、モノアミン減少作用の副作用もある薬でした。レセルピアン服用者にうつ病発症者が多かったことから、モノアミン減少がうつ病を引き起こすのではないかとされています。しかし、あくまで現在でも仮説の一つであるとされています。モノアミン仮説にも、いくつかの疑問、矛盾があります。モノアミン量とうつ病の実質的な関連性、レセルピアン服用者全員がうつ病ではないこと、モノアミンを増やすタイプの抗うつ薬が、2週間以上経たないと実質的な効果を発揮しないことなど、モノアミン仮説を立証する材料も充分ではありません。しかし、セロトニンなどのモノアミンを増やすタイプの抗うつ薬が、うつ病に効果を発揮するというのもまた事実です。もちろん個人差もあり今後の研究課題ともされていますが、セロトニンなどの脳内神経物質がうつ病と深くかかわっているのはほぼ確実といえます。ですので、生活リズムの徹底や投薬によって、セロトニンなどのモノアミン量を調節するのは、うつ病治療に有効とされています。

ホーム サイトマップ