太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる - うつ病とは?を理解しよう

太陽の光を浴びる

うつ病治療に限らず、多くの精神疾患の治療法として知られるものに「日光浴」があります。精神疾患と日光浴の関係がなかなか思いつかないとい方も多いでしょうが、精神疾患と日光は意外と密接な関係にあります。

日光に浴びるとセロトニン分泌が正常化する

精神疾患を引き起こす原因の一つと目されるものに、セロトニンの減少があることは最近よく知られるようになりました。セロトニンは神経情報伝達物質で、不足すると思考力の低下や精神障害、身体障害を引き起こします。セロトニンは、体内時計が一定してあればいる程度正常に分泌されます。体内時計と大きくかかわっているのが、太陽の光なのです。太陽の光を人体が浴びると、人体は朝あるいは昼ということを認識し、それに合わせて体内時計をリセットしようとします。毎日朝日などの日光を浴びると、本来あるべき体内時計に戻り、セロトニン分泌をはじめとする体機能が正常化されていきます。軽度のうつ病であれば、日光を意識的に浴びるだけで快方に向かうというケースもあります。現代社会では日光を浴びるということは少なく、体内時計が生活に振り回されるということも少なくありません。さらにそこにストレスなどが加われば、体内リズムは一気に狂い、セロトニンをはじめとする伝達物質も不足し、精神疾患のリスクは高くなります。

季節と日光、およびうつ病の関係

日本ではあまり認識されませんが、季節性のうつ病というものもあり、日光と関係の深いうつ病とされています。北欧などは、冬にうつ病の症状を呈する患者が少なくないとされています。冬の間は日照時間が少なく、且つ曇りや雪で日光が届きにくいので、それが原因ではないかとされています。日本でも、日本海側で冬の日照時間が短く、雪や曇りの多い秋田などの県では、冬の間は気分が落ち込みがちになるという方が比較的多いとされています。秋田県などの精神疾患や自殺率の多さの一因には、日照時間とうつ病が関係しているのではとも示唆されています。このように、精神疾患と日光は密接な関係があるのです。

セロトニンを増やす方法も参照ください。

ホーム サイトマップ